ビタミン注射および点滴について知りたい

どんな効果がビタミン注射にはあるの?<副作用>

ビタミン注射の効果とは ビタミン注射は、身体に不足しがちなビタミンや
ミネラルを直接取りいれることができる方法として
人気ですが、気になるのは副作用です。

心配な副作用

基本的に、ビタミン注射を行うことでの副作用は
起こらないと言われていますのですが、多く報告されている
ものとしては点滴痛があります。

これは針の刺し方などが原因で起こるものですので、
ビタミン注射自体の副作用とは言えませんが、一番多いものとなります。

また、ビタミン注射を行った部分の局所的な痛みも、血管に
ビタミン剤を注入するときに起こる痛みだと言われていますので、
注入のスピードを緩めてもらうことで改善することが多くなります。

これはビタミン注射に使われているビタミン剤が、人間が
生きていく上で必要不可欠なもので、身体の中に存在している
ものだからだと言われています。

過剰に摂取しすぎたとしても身体は自然と排出していく成分のため、
多少の過剰摂取ならば心配もいりません。

逆にいうと身体にため込んでおくことができない成分のため、
継続してビタミン注射を行わなければ期待している効果が
持続しないという側面があります。

ただし、疲れや睡眠不足、ストレスが溜まっている時に
いつもと同じことをしているのに体調が悪くなってしまった疲れている
ということがあるように、ビタミン注射の場合にも
その人の体調によっては吐き気や頭痛、腹痛などを
引き起こしてしまう可能性はゼロとは言えませんので、
その点には注意しておきましょう。

 

気を付けたい薬の副作用|いったいどんな症状が副作用と呼ばれている?

一般的に風邪の予防や美容のためなどを目的として利用する薬物には、副作用もあるので注意が必要です。薬は体内に入ると、化学的な作用によって炎症を抑えるなどの効果をもたらします。

しかし、どんな薬でも全てが良い作用をもたらすとは限りません。 薬がもたらす一般的な効果「主作用」以外にも、服用した事で薬物有害反応が起きる事もあるからです。

基本的に、副作用というのは薬の服用との因果関係がはっきりしているものを指しています。一方、因果関係がはっきりしなくても服用した事で起こる健康面から考えて好ましくない作用を有害事象と読んでいます。

副作用は、主作用以外の作用全てを指す言葉です。それに対し、薬物有害反応は副作用の中でも健康面から考えて良くないものを指しています。主な例としては、薬を服用した事によって引き起こされるアレルギーなどがあります。

アレルギーと一言で言っても、腹痛や蕁麻疹など様々なので注意が必要です。皮膚に出る蕁麻疹は、周囲の人からも比較的わかりやすい副作用の一つです。

食道や胃の表面などに炎症が起きた時は、周囲から発見しにくいので注意して下さい。見た目は通常と変わらなくても、呼吸困難などを引き起こす危険性があるからです。この他にも、吐き気やめまいなど様々な作用が考えられるので異変を感じたら専門家に相談することをお勧めします。

 

効果    成分   疲労回復    持続性    SITEMAP

Copyright(c) 2018 綺麗になりたい!ビタミン注射 All Rights Reserved.