ビタミン注射および点滴について知りたい

どんな効果がビタミン注射にはあるの?<持続性>

ビタミン注射の効果とはビタミンを摂取することは、美容や健康に
欠かせません。

しかし、食事から摂取するには熱に弱いビタミンは
毎日十分に摂取することが難しくなります。

ビタミン注射は、その名のとおりビタミンを食品からではなく
注射で直接摂取する方法です。

直接摂取する

ビタミン注射は静脈に直接栄養成分を注入するので、
食事からビタミンを摂取するよりも効果を感じやすいと言われています。

定期的にビタミン注射をすることで、お肌の調子が良くなったり
体調が良くなったりといった効果が期待できます。

また、ビタミンには疲労回復効果もあるので
疲労が溜まっている方にもおすすめです。

ビタミン注射の持続性は、経口摂取するよりも高いと言われており、
一般的には3日~4日で、最大で1週間程度持続することがあります。

持続期間

そのため、日常生活の中で不規則な食生活をしている方にとって
週に1,2回ビタミン注射をするだけでいいので効果的です。

また多忙な方でも月に1回受けるだけで、お肌が健康的になる効果が期待できます。

ビタミン注射に含まれる成分は、ビタミンB群やビタミンCなどが
含まれたビタミン製剤が主流です。

どのような配合にするかによって効果も違ってきますし、配合によっても
効果の持続性はかわってきます。

ビタミン注射を受ける時には、厚生労働省の認可を受けた
安全性の高い薬剤を使用している機関を選んで受けると安心できます。

安心できる薬剤でなければ、副作用を起こしたり体にとって
良くない薬剤である可能性があるので注意が必要です。

 

薬物アレルギーってなに?引き起こす原因と対策

薬物アレルギーというのは、薬の副作用でアレルギー症状がでることをいいます。薬剤の添付文書の注意書きのような、薬物の作用から起こるものもありますが、通常は使用者の素因や素質により薬物の通常の作用と異なる反応が起こったものを指します。

そのうち6~10%がアレルギーによるものとされ、免疫学的な機構によるアレルギー反応と、偽アレルギー反応によるものが知られています。偽アレルギー反応を引き起こすものでは、造影剤や抗炎症薬が代表的です。

薬剤アレルギーは、クームスの分類というものに従いI型からIV型に分類されています。I型は抗ヒスタミン薬やステロイドの全投与では予防できません。

薬物アレルギーは内服や注射、吸入や塗布によっても症状が出ることがあります。いろいろな症状がありますが、重いものだとショックや発熱などの全身症状、肝臓や腎臓の障害などがみられることがあります。

8割以上は、薬疹と呼ばれる皮膚の症状が現れます。湿疹のような軽い症状から、皮膚がはがれ落ちる重症の皮膚炎までさまざまです。また、ほかの臓器の症状がともなうこともあります。

対策としては、原則としてアレルギーの原因と疑われる薬物を中止することです。そうすれば、たいていの症状は数日で治ります。

ただし、急にやめると本来の病気の治療に影響を及ぼす可能性があるので、医師に相談のうえ中止する必要があります。アレルギーを防ぐには、一度症状が出たものは使わないようにすることです。

症状が起こった薬だけでなく、疑いのある薬にも注意し安心できる薬剤を選びましょう。

 

効果    成分   疲労回復    持続性    SITEMAP

Copyright(c) 2018 綺麗になりたい!ビタミン注射 All Rights Reserved.