ビタミン注射および点滴について知りたい

どんな効果がビタミン注射にはあるの?<成分>

ビタミン注射の効果とは ビタミン注射は主に肌を綺麗にしたい人が
使用しています。

ビタミン類は美しい体作りには必要な栄養素です。

ビタミンは野菜や果物からとるのが一般的ですが、
熱や光に弱い為、調理すると失われてしまうことが多いです。

必要量を摂取する為には沢山の量を食べなければなりません。
しかしそれはなかなか難しい為、ビタミン注射で体内に直接
ビタミン類を注入することで、効果がより感じやすくなると
いわれています。

必要な量

 ビタミン注射の使用は持続効果が3日から1週間と
言われていますので、週に1~2回が望ましいでしょう。 

ビタミン注射に使用されている主な成分はまず第1にビタミンB1です。
ビタミンB1は糖質をエネルギーに変える効果を持っています。

また消化液の分泌を促す効果もある為に、食欲がない時に効果があります。
疲労回復やストレスを和らげる効果もある為、慢性的に
疲労感がある人に必要です。

 第2にビタミンB2です。ビタミンB2は皮膚や粘膜の保護や
成長に効果を持っていますので、目や口、鼻等の粘膜を守ってくれます。

また体の代謝を助ける効果も持っています。

 第3にビタミンB6です。ビタミンB6はアミノ酸の代謝を促進するので
抗体や赤血球を作り出してくれます。

アレルギー予防の効果もつ為、皮膚炎の予防にもなります。
また免疫機能を正常に保ち、体を丈夫にしてくれ、肌や
髪の毛を健康に保ってくれます。

健康に保つ

 第4にビタミンCです。ビタミンCは美容に効果があるといわれ、
体内のコラーゲンが増加し、シミやそばかすを防いでくれます。

また体の免疫機能を高めてくれ、抗酸化作用もあるので
風邪予防や疲労回復、さらには発ガン防止にも
効果があると言われています。 

 

ビタミンの安全性の基準値|摂取量の上限ってある?

ビタミンの過剰摂取について注意を促す目的で、これらの研究が進んでいるアメリカ栄養評議会が上限接種を決めています。

市販されているビタミンのサプリメントは、基準をクリアしている物を販売しているので安心です。注意書きを読んで一日で必要以上な量を飲まないように注意をします。

水溶性ビタミンは多少オーバーしても体外に排出するので大丈夫ですが、脂溶性ビタミンは肝臓に余分に摂取した成分が蓄積するので、規定量を守り過剰摂取を避ける必要があるのです。必要以上に脂溶性ビタミンを摂取すると副作用を起こす可能性があります。

例えばビタミンAは下痢をしたり、ひどい場合は倦怠感や皮膚障害の原因になる事があるのです。特に妊婦の場合は催奇形性のリスクが高くなるので、規定量を守り医師の注意を守ります。

骨を丈夫にする栄養素のビタミンDを多く取りすぎると、高カルシウム血症のリスクが高まるリスクがあるのです。健康や美容を助ける栄養素は食事だけでは足りないので、サプリメントを活用する事があります。

どのくらいの量を飲むのが良いのか、多すぎるとどのようなリスクがあるのか使用する際に把握するのがポイントで使用上の注意書きをよく読むのが大事です。

 

効果    成分   疲労回復    持続性    SITEMAP

Copyright(c) 2018 綺麗になりたい!ビタミン注射 All Rights Reserved.